おかのクリニック(足立区西新井)は、ペインクリニックとして頭痛、腰下肢痛、頸部痛、上肢痛、帯状疱疹後神経痛、癌性疼痛などの治療、高血圧、糖尿病、脂質異常症など生活習慣病の管理を行っております。

ペインクリニックとは

ペインクリニックの適応疾患

頭頚部、上肢の病気

片頭痛、緊張型頭痛、三叉神経痛

頭痛の診療でもっとも大切なのは、その頭痛が生命に関わりのあるものかどうかを適切に区別することと考えています。頭痛のタイプによって経過が異なりますので、どの様に頭痛と付き合っていくのかの指導を行います。予防薬の内服によって頭痛薬の使用量が劇的に減少した患者様もいらっしゃいます。また、ボトックス等を利用した先進的な治療のノウハウもございます。


頚椎、肩関節疾患

頚椎疾患は超音波ガイド下神経ブロックの大変良い適応と思われます。神経の痛みか関節の痛みか筋肉の痛みかによって治療内容が異なります。また、リウマチや糖尿病など全身疾患に伴う痛みも適切な評価を行い、全身疾患に悪影響のない治療を行います。


弾発指、腱鞘炎

手術が行われることもありますが、当院では超音波ガイド下に腱鞘内注入を行うことにより、安全で最適な部位への治療を行い、制限の少ない日常生活を可能にします。

下半身の疾患

腰痛、股関節、膝関節疾患

腰下肢痛に対しては原因部位によって、腰部硬膜外ブロック、仙骨硬膜外ブロック、神経根ブロック、大腰筋々溝ブロック、椎間関節内注入、股関節内注入、坐骨神経ブロックなど様々な神経ブロックで対応します。また、腰痛に対するコルセット以外にも膝関節や股関節の変形性関節症に対して装具の作成や靴の補高を行います。


血管疾患(動脈閉塞、静脈瘤)

脈波計により血管年齢、超音波診断装置により内膜中膜複合体肥厚度を計測して最新のエビデンスに沿った治療を行います。


足底腱膜炎

足爪の疾患

その他全身の疾患

癌の痛み

日本人の3人に1人が癌でなくなります。また、癌患者の多くは痛みを抱えております。現代の医学は、細かな対応をすることでそのかなりの部分を取り去ることが出来ます。最後の時間を「痛み」と向き合わず、「自分」と向き合うお手伝いが出来ればと思います。


関節リウマチ、痛風(高尿酸血症)

リウマチは早期に発見し適切な治療を行えば、大きな障害を受けることがかなり少なくなってて来た病気です。


骨粗鬆症

骨粗鬆症はバカに出来ない病気です。早期の胃ガンよりも5年後に生存する率は低いと言われています。


帯状疱疹(帯状疱疹後神経痛)

帯状疱疹後神経痛は、一度完成されてしまうと非常に完治させるのが困難な病気です。帯状疱疹発症後、範囲が広い、高齢である、免疫の低下がある、痛みが強く夜眠れない等の神経痛移行の危険因子がある方は、是非早めに当院でご相談下さい。

お薬を使った治療

痛みの原因によって、通常の鎮痛薬が全く効果のない場合があります。特に神経の損傷が原因となっている痛みの多くが通常の鎮痛薬に反応が悪くながびきやすいです。当院ではそうした痛みに対して、各種の痛みを熟知したペインクリニック専門医のみに可能な薬物治療も行っております。

抗うつ薬や抗けいれん薬を用いた痛みの治療

神経の障害が原因の痛みには通常の消炎鎮痛薬は効果が少ないです。ペインクリニック学会の神経障害性疼痛の薬物療法のガイドラインに沿って、適切な抗うつ薬や抗痙攣薬を用いた治療を行っています。

漢方薬を用いた痛みの治療

痛みはとても個人的で、ひとつとして同じものはありません。漢方薬を積極的に使用することでよりそれぞれの痛みにきめ細かく対応した治療を行うことが出来ます。

麻薬性鎮痛薬を用いた痛みの治療

筋肉や骨格の痛みであっても通常の消炎鎮痛薬では充分にコントロールの出来ないものがございます。時には医療用麻薬性鎮痛薬や麻薬が作用する部位に作用するようなタイプの鎮痛薬を用いることで質の高い疼痛の管理が出来る場合があります。