体外衝撃波

体外衝撃波とは

体外衝撃波は皮膚の上から衝撃波を患部に照射することにより、疼痛を軽減する治療法です。

今まで受けてきたお薬や注射等の疼痛治療があまり効かなかった方に関しても効果が期待できます。

効果としては、疼痛を誘発している神経の終末部を破壊する短期的な除痛効果と、血流改善や疼痛伝達物質を減少させる長期的な除痛・組織修復作用が期待できます。

当院では施術時の痛みを抑えた拡散型圧力波治療器を使用しています。副作用が少なく、一度に広範囲の疼痛治療が可能です。

適応となる疾患と治療料金

保険適応となる疾患

●足:難治性足底腱膜炎

保険適応外となる疾患

●骨折:偽骨折、疲労骨折

●骨:石灰沈着性腱板炎、腱板炎

●膝:変形性膝関節症、膝蓋腱炎

●肘:上腕骨外上顆炎、内側上顆炎

●足:足底腱膜炎、アキレス腱炎

●その他:早期の無腐性骨折壊死


治療料金

●保険適用となるのは難治性足底腱膜炎です。

●その他の疾患は保険外診療となり、5,000円(1回につき)を頂いております。

治療の特徴

●POINT1:1回の治療時間は10~15分程度です!

●POINT3:麻酔不要で傷跡は残りません!

●POINT3:副作用はほとんどありません!

●POINT4:従来の治療では効果がなかった人にも◎

●POINT5:治療頻度は2週間に1回を3回クール!

●POINT6:外来通院で治療が可能です!

治療の流れ

  1. セッティングします(照射部位により体位が異なります)

  2. 圧痛点、または超音波エコーで照射部位を特定します

  3. 低レベルの照射から開始し、反応を見ながら徐々に出力をアップします

  4. 目的とするショット数(2000~4000)に達したら終了します

  5. 複数回の場合は一定期間の治療間隔を空けます

よくある質問

体外衝撃波の治療中の痛みはどの程度ですか?

治療中に調整していきます。ただし、治療中に十分な刺激がないと効果が得られないため、治療後数日間は痛みを強く感じることもあります。

治療効果はどのくらいですか?

治療効果は患者さんにより異なりますが、60~80%程度の方が効果を実感されています。