おかのクリニック(足立区西新井)は、ペインクリニックとして頭痛、腰下肢痛、頸部痛、上肢痛、帯状疱疹後神経痛、癌性疼痛などの治療、高血圧、糖尿病、脂質異常症など生活習慣病の管理を行っております。

おかのクリニックの特徴

様々なメソッドを組みわせた アプローチを

ペインクリニックにおける痛みへのアプローチ=ブロック注射というイメージがあるかもしれません。しかし、患者さんの痛みを取るために最善を尽くそうと思えば、様々なメソッドを組み合わせる必要があります。
当院では、ブロック注射のみならず、薬物療法、理学療法、心理療法(認知行動療法)など様々なメソッドを組み合わせて、患者さんの痛みにアプローチしていきます。

丁寧でわかりやすい説明

”わかりやすい説明”というのは、1人1人患者さんによって違ってくるものです。そのため、医療ガイドラインに書いてあることをそのまま説明するのではなく、目の前にいる患者さんにとって、どのように説明するのが最適なのか?ということを意識して診療にあたっています。
今までの経過をしっかりと聞かせていただいたうえで、その人が良くなるために必要な道筋を立ててあげて、サポートさせていただくことが必要であると考えています。

エコーを活用した、 より痛みが少なく有効な治療

当院ではエコーガイド下で、ブロック注射、関節注入、筋膜リリースを行うことが多いです。
エコーを活用することで、身体内部の状態を把握しやすくなり、適切な箇所に針を刺すことができ、お薬を入れることが可能となります。そのため、エコーを使わないブラインドと比べて痛みが少なく効果が高いです。多くの患者さんを診てきた経験から、エコーを使わなければ適切に穿刺することのできない箇所も多くあると実感しております。

診療内容

主な注射

トリガーポイント注射
硬膜外ブロック注射
仙腸関節注射(仙腸関節ブロック)
神経根ブロック注射
星状神経節ブロック注射(SGB)
肩甲上神経ブロック注射
三叉神経ブロック注射
肩峰下滑液包注射
膝関節注射
腰神経叢ブロック注射

痛む部位

肩
肘
手・指
首
背中
腰
坐骨神経痛
股関節
膝
足

病気

脊柱管狭窄症
仙腸関節障害
変形性膝関節症
肩関節周囲炎(凍結肩)
頚椎症
癌性疼痛
腰椎椎間板ヘルニア
帯状疱疹後神経痛

院長メッセージ

院長メッセージ

【痛みでお困りの患者様へ】

 当院のホームページをご覧いただきありがとうございます。

 

今ホームページをご覧になっている方は恐らく、

“いままで様々な治療を受けてもあまり効果が十分でない方”

が多いのではないかと思います。

 

ペインクリニックには、そのような方が多く受診されます。

 

まず皆様へお伝えしたいことは、

「今までの治療の効果が十分でなかったから、もうどうにもならないだろう・・」

とは思わないでいただきたいということです。

 

ペインクリニックで治療することで、「痛みで悩んだ過去何か月かは、いったい何だったのだろう」と思われることも多いですので、まっさらな気持ちでいらっしゃっていただければ幸いです。


おかのクリニック 院長

ペインクリニック学会認定医 
日本体育協会認定スポーツドクター

岡野 隆利

お知らせ




 お知らせ 

2019/8/13(火)ー16(金)は夏季休暇とさせていただきます。お間違えのないようにお願いします。

2019/05/20  ホームページがリニューアル致しました。



スポーツ医学とペインクリニック
生活習慣病の管理
採用情報

お問い合わせ

お問い合わせ
診療時間
9:00~13:00





15:00~18:00






※…木曜日は神経ブロックの治療は対応しておりません。

【休診日】土曜午後、日曜・祝日